La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2006年ことはじめ
2006年の仕事初め。
事務所の人々はとうに仕事始まってるので
私だけなんだか嬉しそうに「今年もよろしくお願いしま~す。」なんて言っている。
でもまだ年初めでみんなのんびりしている。これならついていけそう。。。

なぁんて言っていても仕事は次々と湧き出てきて、
あっという間に夕方。同僚たちは次々と退社して、結局私は8時過ぎまで残業。
気分だけのんびりしていても、仕事は私を放っておいてくれないのである。

今日の一番のビックニュースは、現地職員の同僚のオメデタ。
ひゃ~、メデタイメデタイ!
なんて喜んでいるのもつかの間、そう、私は彼女のカウンターパートなのである。
つまり、彼女の仕事をぜぇんぶ引き継いで
彼女が産休の間、自分の仕事とダブルで仕事しなければならないのである。

ヒョエ~、助けておくれ~。

でも誰もきっと助けてはくれません。。。
誰も夜までお仕事なんてキライだもんねぇ。。。

彼女は経理担当。
私の上司から、「2月あたりから徐々に彼女の仕事も覚えていってねぇ~」なんて言われたので、
産休を待たずして私は急激に忙しくなるはず。

計算きらいだよぉ。金勘定きらいだよぉ。支払いの取立てもきらいだよぉ。

考えただけでもヨロヨロと倒れそうぅぅ。。。

今年の目標は「エクアドルを遊びつくす」のはずなのにぃ・・・。
そこんとこは変えられないのにぃ・・・。

こうなったら、残業たくさんして、ガンガン稼いで、
週末豪勢にパァ~っと使ってやる~。

ヤケである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。