La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
Hokkaido trip, reminding me of my school days
高校時代の友人達が、それぞれの家族を伴って来道。
あの頃には想像もできなかった、子供連れでの再会に歓喜。

同じ歳頃の子供達はすぐにうち溶け合って、はしゃぎあって遊ぶ遊ぶ。
私たちは、目の端で子供達を追いながら、おしゃべりに花が咲き、近況を語ったり、あの頃を懐かしんだり…。

高校2年生で出会ったこの友人達が、様々な悲喜こもごもを経て、今、こうして温かな気持ちで再会できたことに、感慨深い気持ちと同時に、あの頃、「医者になりたい」「弁護士になりたい」「海外で働きたい」とおっきな夢を語ったのと同じくらいの大胆さで、今だってきっと、何かにチャレンジできるんだって気持ちにさせてくれる、母になっても衰えることのない前向きなエネルギーに溢れるこの友人達と、繋がっていられることを誇らしく思えた週末。

3人の子育てをしながら銀行員として仕事復帰するためや、ホストマザーとして海外からの学生を自宅に受け入れるために、今回来道がかなわなかった友人もいて、それぞれが今の生活を充実させるために頑張っていることを知り、私自身も、今の生活環境の中で、どんな風に人生を楽しむか、改めて考える良いきっかけにもなりました。


うちの子供ちゃん達は、夢中で凧揚げしたり、段ボール製作に打ち込んだり、動物達を眺めたり、楽しい思い出ができました~!

20160922131609f0b.jpg

201609221316114d6.jpg

201609221316129cd.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG