La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
mi pianito
ピアノの引越し。
朝から日本人補習校へ行ってきた。

男4人で持ち上げても重い重い。
それでも何とか学校の音楽室から運動場の車にまで運ぶ。
階段があって、そこを一段一段降りる。心配で見ていられない光景・・・。

日本じゃこんな運び方考えられないけれど、
ピアノは小型トラックの荷台で90度に傾けられ、背中を運転席側に持たれかけさせて
紐でぎゅっと縛りつけられて30分の道のりを走った。

マンションのエレベーターにも、もちろん90度の状態で。
警備員のお兄ちゃんが何事かとやってきた。
この国ではピアノを自宅に持つことは珍しいんだと思う。

そうしてピアノは私の家にやってきた。
ひとつ余っているお客様用のお部屋にぴったり入ったので
そこが2年間、私の専用音楽室になった。
piano

うれしいよ~~~。
さっそくドビュッシーの「亜麻色の髪のおとめ」を弾いて見た。
少し音がこもっているけれど、マンションなのでこれくらいで丁度いいと思う。

私のエクアドル生活が、どんどん楽しくなっていく。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。