La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「たららん」 活動報告 17
今日は「おうちでできるスキンケアの会」と題して、
敏感な子どものお肌と繊細な子どもの感情を上手に操るヒントを教えてもらいました。

集まったのは14組の親子。先生は、うちの息子クンの幼稚園での大親友のお母さんです。
幼稚園のお母さんを集めた座談会で、彼女の知識と経験の豊富さにほれ込み、たららんでの講習をお願いしました。

160127 (2)

お手製の教材で分かりやすく子どものお肌の特徴を説明してくれたり、
実際にボディソープの泡だて方とその泡を使った体の洗い方を伝授してくれたり。
普段パパッと終わらせがちな子どもとのバスタイムを、楽しみながらしかもしっかりスキンケアできる時間に変えるための技を、教えてもらいました。

子どもって、親が真剣になればなるほど逃げたり嫌がったりして親を困らせるもの。
洗髪、体洗い、あぁめんどうくさい・・・、って思っていました。
でも、どうせなら、鼻歌を歌いながらルンルンって石鹸をしっかり泡立てて、子どもが面白がっているうちに体を洗っちゃいましょう~、なんて、とてもよいことを学びました。
ひさえさん、どうもありがとう!

160127 (3)

いつもは2歳前後の子どもが中心のたららんですが、今日は3人の0歳児のお客様。
とってもとってもかわいくて、そして会のあいだずっとご機嫌良くて、ランチタイムにはスヤスヤ眠って、とってもおりこうさんな3人でした。この子たちのお母さんたちは、新しく子育てサークルを立ち上げて、2月から活動をスタートさせると報告してくれました。ほほぉ~!すてきすてき。色々と、情報共有、していきましょうねぇ~。

それから、広報誌を読んで問い合わせてくれた、初参加の方も。
車を使っていないので、徒歩圏内かバス移動で・・・、札幌から引っ越してきたので子どものお友達が欲しくて・・・とのことでした。
広報誌を頼りにお電話を下さった勇気と、雪の中面倒がらずに子どもさんと一緒に歩いて来て下さった気力が、新しい出会いを生みました。終わってから「子どもが他の子ども達と楽しそうに遊んでいたことが何よりも嬉しかったです」とメールがあり、なんだかとてもとても、うれしかったです。

160127.jpg

この方々は、参加者のお母さん達ともすっかり顔なじみになった、地元新聞社の記者さんたち。
勝手に「陰のたららん応援団」と呼ばせて頂きます。(笑)
活動の様子を大きく記事にして下さったり、イベント欄に活動予定を載せて下さったり、はたまたコラムで「たららん」のことを言及して下さったり、ありがとうございます。これからも、頼りにしています~。

午後は、幼稚園から帰ってきた我が家の男子と、講師をしてくれたひさえさんちの男子が合流して大騒ぎ。それぞれの妹たちも、兄たちに挑んでは追い払われてご機嫌を損ねたり泣いたりしながらも、元気に遊び、母たちは、お茶飲みながらまったり反省会。
すっかり日も暮れ、父ちゃん達の帰宅の足音が聞こえてきそうな時間になったので、泣く泣くお開きとなりました~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。