La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「たららん」 活動報告 5
もう雪が降ってもおかしくないような寒々とした雨の日。
寒さに負けず、元気な仲間が9組、集まりました。
会場は、大正11年建設の市内で最も古い和洋折衷の木造の旧邸宅。
今は市の所有となり、趣味の会などに使われているというので、2階の和室をレンタルしました。

今日は母親たちの手仕事DAY。
畳の部屋におもちゃやら裁縫道具やらを広げて、
お名前ワッペンとクリスマスオーナメント作りです。

tararan5.jpg

私が家で試作品を作ってみて「全然時間足りないな~」と思ったとおり、
やっぱり完成したのはみなさん、ワッペンだけでした。
オーナメントの材料はお持ち帰り。
作品作りの会は、計画の段階で作成時間をしっかり見極めておく必要があることを痛感。
次回へのよい勉強になりました。

子どもたちはといえば、お母さんから離れても大丈夫な子たちは館内探検。
鏡張りのお部屋を見つけて、はちゃめちゃダンス、盛り上がったね~。
階段も、何往復したかな~。私もいい運動になったわ~。

お母さんと一緒がいい子たちは、お母さんの膝の上や横に座って、
母親の珍しい(!)縫い物姿をまじまじと眺めたり、
持ってきたおもちゃで遊んだり。

大人たちも、手を動かしながらおしゃべりもはずんで、
少し気分転換になったかな・・・。

同じ型紙、同じような色合いのフエルトを使ったのに、
完成した作品を披露しあうとひとつひとつ全然違った個性あふれる仕上がり。
ステッチが細かくて繊細な性格が伝わってくるもの、フエルトと糸の大胆な配色がおしゃれなもの。
それぞれのワッペンがそれぞれの子どもの背中にくっついて、
その背中が、作った母親の個性と愛情を物語る。
ステキな作品作りの会となりました。

次回、わらべうたの会は、
私にとっても私の息子&娘にとっても大切な友人であるママ友、元保育士さんが、
ほんわかと、心ほぐれるプログラムを用意してくれています。
どうぞご期待下さいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。