La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
plarail fan
いつの間にか、すっかり父親譲りの鉄道ファンになっている息子クンです。
札幌にいた時から比べて増えた一部屋分は、プラレール部屋と化しています。

息子クンはとにかく乗り物が好き。
昼寝から目が覚めての第一声は「シンカンセン(の動画を見せてくれ)」、
おむつ交換の時は、好きな車両を手に持って心を落ち着かせます。
子育てサロンなどへ遊びに行って、取り急ぎ手にするのは車か列車のおもちゃで、
その日のお気に入りのおもちゃをお片づけの時間まで離しません。
(ほかのお友達がそのおもちゃを触ろうとすると大変!イヤイヤ攻撃開始です。トホホ・・・。)
保育士さんからは「飽きるまで遊ばせてあげればいいのよ~」と言われたので、
まぁしばらくはこんな感じで、乗り物を堪能していただこうと思います。

さてそんな中、本日11/6にて私、35歳となりました。
一昨日4日には、義理の妹家族&義理両親の来訪があり、
義理妹作の手作りケーキでお祝いをしてもらいました。
あたたかい人々に囲まれて、本当に幸せなひとときでした。
今日は旦那さんが早く帰宅してくれて、外食。
鉄道ジオラマのあるお店で息子クン大興奮。旦那さんもやや抑え気味に興奮。
私は美味しいご飯に幸せ。素敵なバースデーナイトでした。

北海道に来る前の自分は、
35歳になった時、こんな風に心穏やかな生活をしているなんて想像もできなかったなぁ。
息子クンとお腹の中の人の健やかな成長を見守りつつ、
炊事、洗濯、その合間につまみ食い・・・なんていう絵にかいたような主婦生活の中に、
それはそれは尊い幸せが詰まっているということに気づかせてくれた、
私を取り囲むすべての人々に感謝、感謝です。


[広告 ] VPS
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG