La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
returning to work
新しいことが始まる4月。
我が家にとってもドキドキワクワクの1ヶ月となりました。

私は出産前に勤めていた職場に仕事復帰。
息子クンは保育園デビュー。
旦那さんは転勤はなかったけど、新しい立場で心機一転。

一番の心配はやっぱり、息子クンが機嫌良く保育園に通ってくれるかどうか。

初日はまさか母親がいなくなるとは思わなかったようで、オモチャやおやつにウキウキ。
2日目からは、「ややっ、また置いていかれるぞ」と察して大泣き。
そして登園12日目の朝、ついに「バイバイ」出ました。そこにもう、涙はありません。
子どもの適応力、恐るべし~。

連絡帳の先生コメントによると、
しっかり遊んでしっかり食べて、
そして食べ終わる頃にはウトウトしながらお昼寝突入、
起きたらまた遊んでおやつを食べて、
そんなこんなしているうちに、お迎えの時間~。
お友達とも仲良く遊んでもらっているみたいだし、
迎えに行った時も、いつもなんだか楽しそう。

うちでは食べないキウイやグレープフルーツも、
お友達と一緒なら食べているみたいです。ふむ、のぞき穴で見てみたい。

しかし、やっぱり風邪やら発熱やらは、ありますねぇ。
4月はニ度、小児科にお世話になり、そのうち一度はじいちゃん&ばあちゃんにもお世話になりました。
職場にお休みをもらうのは気が引けるけれど、「子どもさんをしっかり看てあげて」と言ってもらって肩の力がすっと抜けました。
自分だけ気を張っていても仕方ない。息子クンのペースに合わせて、私ものんびりやっていこう。

周りの皆さんに助けられながら生きていることを実感する毎日です。

そして、あっという間にもう5月。
そろそろ桜が咲くかしら。。。

ずっと天気が悪くて、保育園のこいのぼりもこれまで2回しか泳いでいません。
どうかどうか、明日の朝は真っ青な空に、こいのぼりが元気よく泳いでくれますように・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG