La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
町歩き的休日
Alliance Francaiseでフランス語講座の案内書をもらう。
来年1月からのコース、始めるつもり。

Asociacion Humboldtでサルサ教室のことを尋ねる。
サルサ教室はキト市内にいくつもあるみたいなので、いくつか見学してからでもいいかな・・・と思ったりもする。

初めてバスに乗る。
なんてことはない。25セント前払い制。エルサルのバスよりも座席数が少なくて、割とキレイ。

Juan Leon Mera通りにある、山用品のお店をのぞく。
山シャツやパンツ、ザックに靴、選ぶのに困るほどはないけれど、思ったよりは品揃えが良くて嬉しい。
割引になっていたシャツを一枚購入。次回の山登り用に。

Cafeで一休みする。
ブラウニーとカプチーノ。久しぶりにのんびり本を読む。

どんどん歩いて映画館に行く。
(観た映画のことは次回の日記で。)
歩くことで町を知る。知らない町に来たときは、車ではなくて徒歩。
そうすれば、そこの人の生活が見えてくるような気がする。

Barでおしゃべりする。
先週一緒に山に行ったドイツ人のEllenと。
スペイン語を習って3週間目の彼女と、お互い変なスペイン語で延々日が変わるまで飽きずにトーク。
彼女の今日覚えた単語。cenicero(灰皿)、contigo(君と)、alrededor(周辺)、enamorar(恋をする)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。