La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
what's happened for the birth
12月4日(日)のできごと

05:00AM
トイレに起きる。おしるしを確認。その後布団に戻ると15分おきくらいの陣痛らしき鈍痛が始まる。1時間そのまま様子見。

06:00AM
完全に目覚める。入院に備えて部屋の洗濯物を片づけるなど、準備。

07:00AM
母起床、状況報告。取り急ぎ朝食。

07:50AM
病院に電話して状況説明。陣痛の間隔が広いので、まだしばらく様子を見て午後くらいに一度診察に来てみては・・・とのこと。穏やかに電話を切る。

08:00AM
義理のお母さんに電話で状況説明。すぐに駆けつけるとのこと。

08:30AM
仕事中の旦那さんにメールで状況説明。

09:20AM
義理の両親が車で到着。みんなで写真を撮ったりお茶を飲んだりする余裕はあるが、陣痛の間隔は確実に狭まってくる。

09:45AM
病院へ再度電話、8~10分おきに陣痛があると伝えると、では今から入院準備をしてきて下さいとのこと。

10:00AM
病院着。採尿、血圧&体重測定はいつもの健診のとおり。
内診で子宮口が6センチ開いていることが判明。(昨日は0センチだったのに!?)
ドクター、「今日中に産まれますよ」と冷静に判断。

・・・ここから時間を書きとめる余裕なし・・・

陣痛室にて
どんどん間隔が狭まり痛みを増す陣痛と格闘。
痛い、痛い、痛~~~~い!!!!!!
ヨガの先生に声を出したらエネルギーを奪われるので出さないように!と言われていたのに、
声を出さずに耐えること、まったくもって不可能。もだえ苦しむ。

分娩室にて
痛みがきたら、とにかく踏ん張る!
陣痛と陣痛の間、気が遠くなりそうになる。
この踏ん張り、あと何回やるんじゃ~!?と苦しみの中、思う。
助産師さんに尋ねると、丁寧に「頭が見えているからあと少し!上手に踏ん張れてますよ~」と教えてくれる。
でも、あと少しって2回か?!3回か!?はたまた5回か?!と頭の中でグルグル思う。一刻も早く苦しみから逃れたい~!!!

ドクター登場。登場するやいなや、次の踏ん張りと同時に「切開しますよ!」とバッサリ。
次の瞬間、「出た~~~!!!」

02:27PM
赤ちゃん誕生。こんにちは。待ってたよ~。

04:20PM
陣痛室に戻ってしばらく休息後、看護師さんが赤ちゃんを連れてきてくれて、初めての授乳。
勢いよく吸いつく赤ちゃんに感動。

眠気は全然なくて、異常にお腹が空いている。
昼食がそのまんまテーブルに残っていたので、看護師さんにベッドを起こしてもらって食べる。
美味しい。幸せ。完食!
lunch after birth

07:00PM
仕事を終えた旦那さんが来院。
新生児室で初めての抱っこ。
with papa

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。