La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
premama class in hospital Ⅱ
今日は院内見学の日でした。

陣痛室、分娩室、入院する個室などを見て回って、
出産の実感がじわじわわいてきました。

陣痛室は6つに区切られた分娩室へ入る前の予備室になっています。
付き添いの人は、面会時間内であれば誰でも入れるそう。

分娩室は、事前に申請していれば旦那さんの立ち会いが可能です。
私は多分・・・ひとりで頑張ります!

個室にはベッドのほかトイレ、冷蔵庫など設備が揃っていて、
ゆっくり快適な入院生活が送れそう。
入院中は授乳・沐浴指導、診察などがあって、割と慌ただしく過ぎていくようです。

看護師さんや助産師さんたちはみんなニコニコ笑顔で、
産まれたての赤ちゃんがガラスの向こうで元気に泣いていて、
院内が幸せな空気に包まれていました。

そんなわけで、今日は参加してよかった。
これで安心して出産の日を迎えられそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。