La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
山登り
キト市を見下ろすピチンチャ山。
このあいだはロープーウェーで上ってその周辺の観光地をうろうろして
寒さに負けてすぐ降りてきたけれど、
その先に山頂を目指す登山道があるらしい。
そう聞いてしまっては、行かないわけにはいかなくなってしまった。

今朝、目覚めると天気は快晴。窓の外を見ると、ピチンチャ山の頂上が遥かかなたにそびえている。
はっはっはー。登山日和である。

サンドイッチをせっせと作っていざ出発。
即席の山登りグループは全6名。

ほんとうにびっくりするほど天気がよくて、
先日の寒さはウソのようにロープーウェーを降りても暖かい。
そして見渡すと、目の前に広がる5000メートル級の山々。
山頂を雪に覆われていて、壮観。こんな世界があったのか、
そしてそれを知らずにキトに来てもう2ヶ月も経ってしまったのかと思う。

とにかく、私は違う顔のエクアドルを見た。
もったいないくらいの絶景

山登り、と聞いていたので気分は遠足で、3時間の行程というのもふふーん楽勝・・・と思っていた。
が、目の前の岩山を見て愕然。これは遠足ではありません。ロッククライミングであります。
これから登る山を背に

結局、6人のうち2人は途中で脱落。
残りの4人で山頂を目指す。四つんばいになって、必死な顔して登った先にあったのは、
言葉では言い表せない絶景と涼しい風とすぐ近くに見える大きな太陽でした。
山頂で食べたサンドイッチのうまかったこと!!!!
登頂に乾杯!

さて、下り。
岩山というのは、登りはなんとか行けるものの、下りの恐怖といったら。
全身硬直だし歯はガタガタ言うし。あんなに怖い思いをしたのはいつ以来だっただろう。
本当に怖かった。
私、遠足に来たはずだったのに。。。

やっと砂地の場所へたどり着いたときには全身がもう違う人の物のようにガクガクで
鼻水やら涙やら分からないグジャグジャの私になっていた。

やれやれ。
久しぶりに全身で頑張った週末。
ビールも美味しい週末。
完全に仕事のことを忘れた週末。

そして地上に戻った私はアイスを食べながら
次の山登り計画を立てるのでありました。

あー楽しかった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG