La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
気分転換する
この国では、思ったよりも芸術が楽しめる。
劇場も映画館も充実しているし、
きちんとした文化関係の月刊パンフレットも作られている。

とはいっても、夜ひとりで出歩くのはまだ少し不安なので
もっぱらこうしてパソコンに向かっているわけなのだけれど。

今日は、映画を観に行った。
Ocho y Medioという、ちょっと変わったマイナー映画なんかをやっている
いはゆる単館映画館。毎月違うテーマで映画をセレクトして上映している。
私はそんなに映画に詳しくないけれど、観るのはとても好きで東京にいるときも
エルサルにいるときも割りとよく映画館に出掛けていたので、
こういう映画館がエクアドルにあったことが、かなり嬉しい。

今日見たのは、フランス人の監督が撮ったパキスタンのデコトラ製作工場ののドキュメント。
デコトラ=デコレーショントラックですよ。
仏語題は"Touchez pas au Malang!"
中古のBedfordトラックを、全身キラキラ派手派手に装飾する工場とか、
それを走らせて荷物を運ぶトラック運ちゃんとか、
そういうのをただただひたすら映しているっていうもの。
内容はともかく、デコトラがめちゃくちゃカワイくて、ミニチュアを一個欲しいって思った。
ん、観てない人には全然わからない説明ですが。まぁ、そういうわけです。

もっぱらの目標は、こういう夜のお出かけに付き合ってくれる友達を作ることだな。

帰ってきてお茶を飲む

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そういえば、「voces inocentes」(エルサルの内戦を扱った映画)が日本で
年明けに公開されるみたい。そんなマイナーなものも来るんだね、日本。すごいな。

最近文化的なものから遠ざかってるのでたまには映画でも見に行きたいと思う今日この頃。面白いのがあったらまた教えてください。
wacky | URL | 2005/11/11/Fri 22:23 [編集]
あー、これうわさに聞いてたわ、エルサル映画。まさか来るとは思ってなかったけど関西にもきたらぜひみにいこーっと。
kayozo | URL | 2005/11/16/Wed 21:38 [編集]
voces inocentes他、映画情報
日本・スペイン文化経済交流センターのホームページです。スペイン語映画の日本上映の情報を見ることができます。
Voces Inocentes 見たかったんだけれど銀座だけで、北海道には来ないみたいですね。でも後援が、メキシコ大使館、アムネスティー、ユニセフ。。こりゃ、すごい。http://home.att.ne.jp/sun/exosaka/news.html#cine2006
Daisuke | URL | 2005/11/17/Thu 14:16 [編集]
東京では
レアな映画もやるからいいね。
ぜひ感想教えて!
rie | URL | 2005/11/18/Fri 14:25 [編集]
残ね~ん。。。銀座まで出向くか。
ちなみにdaisuke ちゃんが書いてたホームページにでてた、”ひと粒の涙”は去年見たけどなかなかシビアなテーマでよかったよー。よければ見てみてちょ。
kayozo | URL | 2005/11/20/Sun 21:36 [編集]
そして、ひと粒のひかり
「そして、ひと粒のひかり」、11月26日から札幌でも上映されるようでうれしいです。
公式ホームページ
http://www.soshite-1tsubu.jp/
Kayozoさんが言ってたのと同じですかね?南米コロンビアの社会を描いた映画みたいですね。ぜひ見に行こうと思います!
Daisuke | URL | 2005/11/21/Mon 10:25 [編集]
そうそう、間違えました。私が見たときは”maria full of grace"だったか、英語表記でした。去年は神戸でもスペイン語圏の映画祭をやっててそこで見たのよ。
kayozo | URL | 2005/11/21/Mon 13:20 [編集]

© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG