La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
色んなこと、あった その4
もう私の旅話、飽きてきましたかね?
まぁそう言わずに、もうしばらくご辛抱を。

こっからはもう貧乏バックパッカー話じゃあ~りませんことよ~。
お洋服も買ったし、お化粧道具も最低限揃えたし(そうです、眉毛もボーボーでした。(泣))、
オシャレな美容院のオシャレなにーちゃんに髪も切ってもらったし、次の移動もバスでなくてヒコーキを予約したし。(ルン!)

お買い物のせいですっかり物持ちになった私。
唯一生き残ったちっちゃなリュックでは旅が続けられなくなりました。
なので、ブエノスの目抜き通り「フロリダ通り」のかばん屋さんでゴロゴロ転がして歩けるキャリーバック購入。
それから「No More 置き引き!」というわけで、腹巻式の「大事なもの入れ」も購入。

さぁ、旅は続きます。

10.25~26@バリローチェ in アルゼンチン
お買い物天国のブエノスに別れを告げて、一路“南米のスイス”、バリローチェへ。
空路の移動の落ち着きが心地よい。
盗難の心配も限りなく少ないし、何より速いのがいい。

ブエノスの異常な暑さ(30度!)とは打って変わって雨。気温がぐっと下がって寒い。
バリローチェは私の友人が「是非!」と勧める場所である。
彼女が泊まったというホスタルの連絡先を教えてもらっていたのでそこを既に予約していた。

町は小さいながら清楚かつ温かな感じ。多くの建物が木造だからかもしれない。
メイン通りを歩くと、チョコレート屋さんが目に付く。
「小枝」みたいなのが、ここの名産だそう。

町は湖畔にあって、その湖の先には雪をかぶった山々が連なる。
どこをとっても絵になるとはまさにこのこと。素晴らしい景色だ。

泊まったホテルもとても感じがよく、ホテル内のレストランで取った食事もとても美味しかった。
ここでは鹿肉やイノシシ肉が名物だそうで、鹿肉のシチューを注文。
弾力があってしっかりしたお肉。シチューの味付けがお肉に良くあっていたし、
おまけに地ビールがとっても私好みだったのも嬉しかった!

2日目は自転車をレンタルして湖畔をサイクリング。
「わ~い、久しぶりのチャリンコだ~!」とひとり張り切って漕ぎ出したのもつかの間、
ひゃ~、なんじゃこの坂道~!

なぜか「自分に負けられない!」精神が働き、片道17キロ、往復で34キロを走破。
あまり意味もなく、孤独にチャリンコをこいだ一日であった。(でも意外と筋肉痛なし。原因は不明。)

10.27@プエルトモン@チリ
いよいよ4カ国目突入。チリです。

この日の移動はとてもステキだった。
霧雨が降る中、バスで湖畔を行き国境越えした。
これでもかというくらい、至るところに虹がかかっていて、こんな虹の大安売りを見たのは生まれて初めてだった。

プエルトモンはチリの南、パタゴニアに入る手前である。

ブエノスアイレスからここに来るために買っておいたものがあった。
「おしょうゆ」であ~る。

なんでも、ここプエルトモンには漁港があって、旨い魚介類が食べられるらしい!
そして、ウニがバカみたいな安値で買えるらしい!

バスターミナルについて、適当な近くのホテルにチェックインして、
兎にも角にもお醤油を握りしめて市場を目指した。

あったあった。魚市場だー!!!

お腹が減っていたので食堂に入って「ここの名物をおくれぃ!」と勢いよく頼むと出てきたのは山盛りの貝のコンソメ煮。
名前はもう忘れちゃいました。
コンソメ味がすごく強くて、ワシワシ食べるとしょっからかったけれど、でも美味しかった。

さてさて、ウニウニ~!と思いながら市場を歩くと、ありました!
ビンにぎゅうぎゅう詰めになったウニが、一瓶8ドルだって。
「ねぇねぇおっちゃん、日本でウニかったらこの一つ(ひと粒?ひとウニ?)でいくらすると思ってんの?
私よく知らないけどさぁ、高いんだよ~!」
なぁんてことを、ウニを殻からほじくりだしているおっちゃんと喋りながら、
お腹いっぱいなので明日の朝で直そうと決心して、その場を後にいたしました。

つづく・・・。

エクアドルの新しい大統領が決まりました。
ラファエル・コレアという、若いエコノミスト。
キトにはこのコレア氏を支持する人が多く、投票が終わって暫定的に決まったことが分かった時点でお祭り!
私んちのすぐそばに選挙事務所があったので、花火あり、祝賀コンサートあり、彼自身の喜びのスピーチあり。
日が変わるまで外は人で溢れかえっていました。
そしてキトは1年で一番華やかなキト祭になだれ込みます~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG