La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
旅行狂い
9月、10月は旅行月間であります。
グアヤキル、サリーナスに続き、先週はロハ、ビルカバンバへ行ってきました。
少し前の日経新聞に3回くらい連載がありましたが、
ビルカバンバは長寿の村ということで、どんなにか年のいったじいちゃん、ばあちゃんがいるのかを確かめるべく
行ってきた次第です。
バス

こんなバスに乗ること1時間10分、ロハからどんどん田舎へ向かって着いた所がビルカバンバ。
特になんの変哲もないちっちゃな村です。
着いたらゴロゴロとジジババがいるかと思った私は単なるバカですねぇ。。。

町に着いてまずはビールで乾杯。
人々を観察いたします。

ふむ、動きがゆっくり。
走っている人はひとりもいません。

ふむ、あったかい。
なんだか頭の中の難しいことが全部泡ぶくになって消えてゆくようです。

そして、じいちゃん発見!
おじいちゃん

マシーンのように右足、左足、右足・・・と動きます。
歩く速度は分速10メートル弱といったところでしょうか。
すれ違って振り向くとまだすぐそばにおじいちゃんがマシーンのごとく動いています。
とても遅いです。

それから、なんだかやる気の無い動物がいっぱいいます。

リャマとか、
リャマ

ロバとか。
ロバ


町を一周してみました。
なんだかおもしろい絵や看板がたくさんあります。

こんなんとか、
おじいちゃんの絵

こんなんとか。
ブタ?!

こんなのもあります。
アイス売りの車


日本語も発見しましたが、間違いが多くありました。

こんなんとか、
いらっしゃいませ、だよね?!

こんなんとか。
観内光案?!


泊まった所はたくさんの花に囲まれたホテル。
とにかくサービスの良さに感激。
サウナに入ってお庭でだら~っとくつろいで他愛も無い話を延々として、
「そりゃぁ長生きもするわ」と繰り返す我々でありました。

エクアドルの桃源郷、ビルカバンバ、1週間いたら元の世界に戻れません。
あくせくした毎日に疲れた人はぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。