La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
不調
夜中に具合が悪くなった。
うんうん唸っていたら、自分が病気なんじゃないかと思ってきて、
そうするとやっぱり具合が悪いので病気であるという自信が出てきた。
朝、どうもこれは仕事に行けないと思って上司に休みをもらう電話をしたらあっさりと「お大事に」と言われた。

午後になると熱は面白いようにどんどん上がって、39度5分にまでなった。
Zanちゃんにメールしたら薬局に行って解熱剤を買わなきゃいけないというので、
薬局へ車で行って解熱剤を探した。

とっても腹の立つ薬局で、
どうみても具合の悪い私を待たせに待たせ、挙句の果てにIDカードを出せ、
このIDカードには数字がない、あ~数字はあったけれどこれじゃ使えない、お前の連絡先を言え、
云々、あぁうんざり。
「私は39度の熱で死にそうなの。」と言うと、
そこにある水ですぐに買った薬を飲めと言う。
何錠飲んだらいいのかと聞くと、「8時間おきに1錠」というレジの女。
帰って箱をじっくり読んだら、「6時間おきに2錠」と書いてあった。

今日はキトへ来て最不調の一日である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG