La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
旅日記1
早朝4時にブエノスアイレスの空港に着く。
眠いのと少し不安なのとでオロオロする。
両替をして、市内行きのバスチケットを買って、
それでもまだまだ時間があるのでカフェで一息つく。

8時に友達とシェラトンホテルで待ち合わせする。
久しぶりに会った友達と早々に仕事のぼやきを少々。
同じ仕事をしている友達にだからこそ、言えることが山のようにある。

友達の留学時代の友達のところへ居候させてもらう。
すごく素敵なおうちでびっくりする。
12歳年上だという彼との2人暮らしに猫一匹。
幸せが溢れるカップルに私も幸せな気分になる。

ブエノスのセントロを少し歩いてタンゴを踊っているグループに会う。
道端で大道芸をやるみたいに、タンゴをやっている。
道端だといっても全然上手。嬉しそうにバチバチ写真を撮る私。
道端タンゴ


夜は居候先のカップルと待ち合わせてお肉を食べに行く。
レストランは満席で、誰も彼もが分厚いお肉にかぶりついている。
うまそ~!!
お肉

ふむ、確かにね、美味しいのよ。
でも、レストラン中に漂うお肉の匂いと見た目のごっつさに圧倒されて、あまり食べられないよぉ。。。
そうなのよ、日本人の好きなお肉はね、薄いのよ。
しゃぶしゃぶとかね、すき焼きとかね。
分厚いお肉をどか~んってのは、結構大変。たくさんは食べられません。
でも、ほんと、美味しかったんだけどね。とほほ。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あ~ん♪おいしそ~~~~。
いいな~、南米の空気。そう、おいしい空気。ブエノスアイレス。
こっちはどんどん湿気の多い季節になってきております。
| URL | 2006/06/01/Thu 19:36 [編集]

© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG