La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
大阪外大のギャル
ペルーから遊びに来た知人を家に招待した。
女の子二人で来て2日間キトに滞在し、ガラパゴスへ旅立った。

その知人のうちの一人の後輩だという女の子がキトに住んでいて
その子も含めて4人で旧市街まで夕食を食べに行った。
その女の子は大阪外大を休学してスペイン語学校に留学中だという。

ギャルである。

服とカバンはピンク、コートは白。寒いのに、コートを脱ぐとやっぱりピンクのキャミソールである。
髪をシャギーというやつにして、だらしない喋り方をする。

語学学校を休んで50日間南米を旅していたんだそう。
一人で頑張って旅行したんだろう、語る口ぶりはとても自信たっぷりである。

そうか、最近めっきりそういうタイプの人間と接触していなかったので知らなかったけど、
日本の学生ってのはそういう類のものだったか。。。
もちろん、全員がそういうんじゃないとは思うけど。

ノミカイ、イケメン、イッキ、センパイ。。。
使わなくなって久しい言葉を発する彼女に呆然とする私。

私だって若いけど、そうよ、若いけどね、
お酒飲むときにもうイッキとかやってがんばったりしないのよね。
かっこいいセンパイのことを一生懸命語ったりしないのよね。もうね。。。そうなのよ。。。

彼女の自信たっぷりな背中を母親のように見送りながら、
自分だって自信たっぷりだったあの学生時代って何年前だったかしら・・・と指折り数える私でありました。
(まだ片手で足りますのよ。ほほほ。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG