La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
「たららん」 活動報告 18
今日は市立大学に行って来ましたよ~。

大学の先生からインタビューを受ける、というのが一番の目的で、先生には「6~10組くらいの親子が集まると思います・・・」と連絡していたのですが、ふたを開けてみてびっくり、13組の親子が寒い寒い中、集まってきてくれました。

「名寄の母親たちって、謙虚で控え目な人が多くて・・・」なんて、思っていましたけど、
はい、これ、ただちに訂正しますよ~。

次から次へと、意見を述べるための挙手が絶えないグループインタビューでした。
子育てにまつわる実体験に基づいた根拠のある意見、感情論ではなく広い視野に立った意見、
行政と、大学と、母親たちが共同で作りだしていけそうな、建設的なアイデアも、出ました。

「今後、行政の人や、社会福祉協議会の人なども交えた議論ができたらいいですね~」という感想をくれた方がいました。
あるには、あるんです。「子育てまちづくり懇談会」という、子育てにまつわる関係者が集まって議論を交わす場所。
「託児も有り」とも、なっています。
だけども、平日の夜、ちょうど子どもちゃん達が夕飯を食べて、お風呂に入って、おやすみの準備をする時間です。
仕事を持つ人が集まりやすい時間に設定してあるので、これは仕方のないことです。

少しずつでも、何かの機会に、「私たちの声」を社会に発信できたら、いいなぁ。
その機会をみつけたら、またみなさんにご連絡いたします~。

母親たちの声を社会に届ける場をつくる、たららんがその一翼を担えるとしたら、本当に誇らしいことです。

グループインタビューのあとは、大学図書館を見学。司書さんが丁寧で温かい説明をして下さいました。
栄養学、看護学などの専門書、絵本、育児書、幼児教育関連の雑誌など、母親が手に取ってみたくなる書籍が並んでいました。一般市民も自由に閲覧、貸出が可能だって、確か市の広報誌に書いてあったけど、でも来たことがありませんでした。
「どうぞどうぞ、いつでも来て下さいね。」だそうですよ。
みなさん、利用してみましょう。
今回の図書館訪問は、あすかさんの気のきいたアポ取りで実現しました。いつも頼りにしています。ありがとう!

最後はお待ちかねの学食ランチ。
食堂に入るや、学生さんたちの「わぁ~!」「かわいい~」の歓声。お母さんたちに向けて、ではないですよ~。子どもたちに、ね。笑
0歳児の赤ちゃんは、食事が終わった学生さんに抱っこしててもらいました。ははは。

市立大学の学生さんは、本当に本当に子どもが大好きみたいです。
おうちで何にもすることがない日は、そうそう、大学へ行ってウロウロする!学生さんに子どもをかわいがってもらう!これ新しい過ごし方かも~。
スポンサーサイト
page top
「たららん」 2月の予定
2月のたららん通信できました。

音楽会、調理実習、歯の健康のお話。
名寄のプロフェッショナルな皆さんのボランティア精神に、心から感謝です。

tararan2016feb.jpg
tararan2016feb(2).jpg
page top
「たららん」 活動報告 17
今日は「おうちでできるスキンケアの会」と題して、
敏感な子どものお肌と繊細な子どもの感情を上手に操るヒントを教えてもらいました。

集まったのは14組の親子。先生は、うちの息子クンの幼稚園での大親友のお母さんです。
幼稚園のお母さんを集めた座談会で、彼女の知識と経験の豊富さにほれ込み、たららんでの講習をお願いしました。

160127 (2)

お手製の教材で分かりやすく子どものお肌の特徴を説明してくれたり、
実際にボディソープの泡だて方とその泡を使った体の洗い方を伝授してくれたり。
普段パパッと終わらせがちな子どもとのバスタイムを、楽しみながらしかもしっかりスキンケアできる時間に変えるための技を、教えてもらいました。

子どもって、親が真剣になればなるほど逃げたり嫌がったりして親を困らせるもの。
洗髪、体洗い、あぁめんどうくさい・・・、って思っていました。
でも、どうせなら、鼻歌を歌いながらルンルンって石鹸をしっかり泡立てて、子どもが面白がっているうちに体を洗っちゃいましょう~、なんて、とてもよいことを学びました。
ひさえさん、どうもありがとう!

160127 (3)

いつもは2歳前後の子どもが中心のたららんですが、今日は3人の0歳児のお客様。
とってもとってもかわいくて、そして会のあいだずっとご機嫌良くて、ランチタイムにはスヤスヤ眠って、とってもおりこうさんな3人でした。この子たちのお母さんたちは、新しく子育てサークルを立ち上げて、2月から活動をスタートさせると報告してくれました。ほほぉ~!すてきすてき。色々と、情報共有、していきましょうねぇ~。

それから、広報誌を読んで問い合わせてくれた、初参加の方も。
車を使っていないので、徒歩圏内かバス移動で・・・、札幌から引っ越してきたので子どものお友達が欲しくて・・・とのことでした。
広報誌を頼りにお電話を下さった勇気と、雪の中面倒がらずに子どもさんと一緒に歩いて来て下さった気力が、新しい出会いを生みました。終わってから「子どもが他の子ども達と楽しそうに遊んでいたことが何よりも嬉しかったです」とメールがあり、なんだかとてもとても、うれしかったです。

160127.jpg

この方々は、参加者のお母さん達ともすっかり顔なじみになった、地元新聞社の記者さんたち。
勝手に「陰のたららん応援団」と呼ばせて頂きます。(笑)
活動の様子を大きく記事にして下さったり、イベント欄に活動予定を載せて下さったり、はたまたコラムで「たららん」のことを言及して下さったり、ありがとうございます。これからも、頼りにしています~。

午後は、幼稚園から帰ってきた我が家の男子と、講師をしてくれたひさえさんちの男子が合流して大騒ぎ。それぞれの妹たちも、兄たちに挑んでは追い払われてご機嫌を損ねたり泣いたりしながらも、元気に遊び、母たちは、お茶飲みながらまったり反省会。
すっかり日も暮れ、父ちゃん達の帰宅の足音が聞こえてきそうな時間になったので、泣く泣くお開きとなりました~。
page top
「たららん」 2月の予定先取り
取り急ぎ、こんなこと決まりました。
ぜひお誘いあわせの上、ご参加下さい~。

0209on.jpg

0224ha.jpg
page top
「たららん」 活動報告 16
今日は、おじいちゃん、おばあちゃんに子どもたちを「めんこ、めんこ」してもらう会でした。

10組参加・・・と思っていたら、出がけに寄った郵便局でばったりあったママ友と、そのまたママ友も急遽参加で12組。
雪かきで出遅れたママ友もランチタイムには集まって最終的には13組。
親子合わせて27人の大所帯での活動となりました~。

おじいちゃん、おばあちゃんは、私たちが到着する前に体操して体ぽかぽか。
子ども達の顔をみて、またまたぽかぽか。
あっちでもこっちでも、「めんこいねぇ」「めんこいねぇ」の大合唱です。

160121 (4)

子どもたちがわいわい遊ぶ中、諸先輩方と語り合うママ達の姿も・・・。

160121.jpg

160121 (2)

子どもたちがやる遊びに、「どれ、私にもやらせてごらん」と参戦するばあちゃん。

160121(3).jpg

それから、輪になって、みんなで手遊びしたり、お手玉遊びをしたり。

座ったままで、あまりおしゃべりしないばあちゃんもいたし、
知らないじいちゃんやばあちゃんに触られるのが苦手でイヤイヤの子もいたし、
だけど、それはそれで、OK、OK。
静かなばあちゃんも、イヤイヤの2歳児も、
なんだかやかましいこの空間で、みんなが同じ時間を過ごせたことで、まずはOK。
きっと家でテレビ見てるより、良かったに違いない。笑

「多世代交流したいんです~」のお願いに、サラッと気前よく対応してくれた社協のオガサワラさんに感謝。

じいちゃんばあちゃんとさよならしたあとは、
今日はちょっと贅沢して、ママのお弁当ではなくて、ホテルのレストランでランチ!
ははは~、弁当持っていった父ちゃんには、ちょっと内緒にしとこうかぁ~。笑

送迎や宴会場の手配を、サラッとしなやかに提案してくれたユキエさんに感謝。

なんででしょうね、たららんの周りには、サラッとやっちゃってくれる人ばかり。
サラッと毎回欠かさず参加してくれるママと子にも、もちろん感謝感謝です。
page top
「たららん」 お知らせ
今月27日開催予定、「おうちでできるスキンケアの会」は、
参加希望者多数となり、お申込みを締め切らせていただきました。

子どものお肌のこと、やっぱり気になる人、多いんですね。

第2段ができるか、講師の先生に相談してみます~。
page top
concentration on writing
一年の計は元旦にあり…というわけで、
息子くん、書き初め大会出場を決意。

「もちつき」「はごいた」などの課題があり、「どれにする?」と聞くも「う~ん…」、
「それじゃ、なんて書きたい?」
「しんかんせん」
「ちょっと長いなぁ」
「はやぶさ」
「ちょっと難しいなぁ」
「こまち」
「おぅ、それでいこう」

というわけで、お題を無視して「こまち」の三文字を練習すること二週間。

なんとか一人で、書けました。

201601111557069a1.jpg

やれやれ、終わった終わった…と片付けていたら、
取材に来ていたNHK旭川放送局のお兄さんがやってきて、
「こまちって何?」と、インタビュー開始。
息子くん、「はやぶさと連結する新幹線」と、
北海道新幹線開業間近、道内ニュースにぴったりの回答。(やらせなし。笑)
お昼のニュースで、恥ずかしくてヘラヘラしながらインタビューに答える息子くんが写りましたとさ。
チャンチャン。
page top
skating rink has opened!
小学校のグラウンドがスケートリンクになりました。

「寒い寒い」と弱音を吐く息子さんのお尻をたたいて練習中。
親としては、冬の外遊びをただただ楽しんでほしいんですけどね…(^^;

20160111155654144.jpg
page top
「たららん」 活動報告 15
お正月明けたばかりだし、雪が舞う寒い日なので、
今日はうちの子供達だけかなぁ~と思っていたら、
なんと7組もの親子が集合しました。

歩くスキーはとりあえずおいておいて、
ソリやスコップやサッカーボールを持って、
フワフワ雪が子供の膝まで積もる公園に突入!
「ひっぱって~」とソリの上で固まってる子、
雪を詰めたバケツをひっくり返して雪の積木を積み上げる親子、
一面真っ白い世界に呆然と立ち尽くす子…。
冬休み中の3、4歳男児は、雪の上で取っ組み合い。
ケガする心配がないから、親はニヤニヤしながら行く末を見守る。

20160111101208669.jpg

2016011109591282e.jpg

遊んだあとは、去年できたエンレイホールをお散歩。
ホールの管理担当者の方にお願いして、客席後方にある親子観覧室を見学させてもらい、これから行われるコンサートの案内をしていただいたり、私たちの要望を聞いていただいたり、有意義な意見交換ができました。
親子でも素晴らしいホールでのコンサートを聞きに行ったり、したいですね。

20160111103101954.jpg

20160111103111cd7.jpg

20160111103112745.jpg

© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG