La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
日本の恋愛事情
昨日日本から着いたばかりの某通信機器会社のメンテナンス出張者の方と食事をする。
どこからそういう話になったのか分からないけれど、最近の日本の働く若者の恋愛事情で盛り上がる。

なんでも日本の働く若者は、24時間仕事に追われていてろくに恋愛ができないらしい。
結婚したくても、そこに至るプロセス、つまりデートをしたりゆっくり話をしたりする機会を仕事のせいで失っているということ。
でも、ほんとう?!
週に一度届く日本の雑誌を読んでいても、確かに「結婚せずに働く女性」とか、「仕事のストレスによるセックスレス夫婦」とか、
そういう記事が毎回目に付くけれど、日本はそんなに病んでいるの?

エクアドルでは、少なくとも私の周りには「プライベートを犠牲にして働く」なんて考え方は存在しないし、
「過労死」とか、「セックスレス夫婦」とかいう現象はちょっと想像できない。
誰もが愛に溢れていて、お金に困っても仕事がうまく行かなくても、とにかく恋愛や家族のことが大事。
そういう考え方が普通だし、誰もそれに逆らうことはない。

私はそういう考えの人達がとても好きだし、私もそうでありたいと思う。
でも、今日の話だと、日本はそうでないらしい。

日本で好きな人とデートをしていて、彼が会社から呼び出されたら、
自分を放ったらかして会社にすっ飛んでいく彼を責めてはいけないそうです。
もしそれが事実だとしたら、私はどうやら日本人男性との結婚を限りなく諦めざるを得ないような気がします。

しかし、今日の結論として、私の幸せな将来は以下のようにして獲得できるということになりました。
ここでの仕事が終わったら、日本に帰って派遣の仕事を見つけ、
テキトーに働きながら合コンに週に2回以上のペースで参加し、理想の彼を見つけて結婚をして専業主婦になる。
これが同僚によって作り上げられた筋書きであります。

これについて、真剣に率直な意見を広く求めます。
私はこれで本当に幸せになれるでしょうか。
スポンサーサイト
page top
DIA DEL AMOR
バレンタインデーですね。
エクアドルでも日本と同じ、町中で花束を売ったりチョコレートを売ったり、
赤やピンクで目がちかちかします。

私はといえば、
昨日の夜焼いたクッキーを職場で配って恩を売っておきました。(笑)

こちらでは主に女性が花束やらぬいぐるみやらを男性からもらって
嬉しそうに持ち歩いている姿を目にします。
可愛い、ブサイクはあまり関係がないようです。
相当なブサイクと判別される女の子もバラを一輪手に持ってバスを待っていました。

男性のチョコレート獲得戦争は、ここでは存在しません。
もてない日本人男性&女性は南米に来るべし!
女性はもてはやされ、男性は男らしさを誇示できます。

今年は去年の「レストラン2時間待ち」にこりごりで、家でパスタを茹でて食べました。
「素敵なお店を予約して、ここ一番いいところを見せる!」というのは、日本でもこっちでも一緒ですね。
どこもかしこもお店は満員です。

昼休み、同僚と話していると、
「今日はどこのMotel(ラブホテルのこと)もいっぱいだよ。でもって、8月に産まれる子供が
他の月に比べてダントツ多いんだよ。ほんとだよ!」と言っている。
またまた大げさな・・・と思ったら、新聞の経済欄に大真面目でそのことが書いてある。

日本の少子化対策には、こういうラテン的大らかさが必要よね、と思う。
女は産む機械、とかなんとか言っている場合じゃない。
こっちの男の子達は女の子達に、「髪型が可愛いね。」と言っては道端でチューをして、
バラとぬいぐるみ買ってやってはチューをして、
旨いもん食わせてやり、「おっぱいと同じくらい飛び出しているお腹も素敵だよ」と言ってはまたチューをして、
気がついたら3人くらい子供が生まれているわけです。
こういった男性の日ごろの努力が少子化を食い止めるのは、この国の現実を見れば明らかであります。(笑)

ちなみに、キトのMotelは今日は特別バラの花1本サービス、
ジャグジー付のお部屋が2時間10ドルからであります。
ご参考まで・・・。
page top
2週連続の山登り報告
というわけで、今日は先週登ったピチンチャ山の後ろにそびえる山に行ってきました。
職場の同僚とその友達が行くというので、仲間に入れてもらったのだけれど、
集合場所に集まった人数を見てビックリ。20人もいた!

今日は風が強かったけれど太陽はサンサンと降り注いで肌にぴしぴし感じた。

実際に歩いた時間は登り降りで2時間程度。今日は楽勝!
R0016505.jpg


ただ、エクアドル人のグループと一緒に出かけると、人々の食べる量に圧倒される!
登る前にエネルギーが要ると言ってパンとコーヒー(お砂糖はたっぷりスプーンに3杯分!)。
「頂上に着いた!バンザーイ!」と言って袋菓子。
降りてきて、グループの一人が誕生日だと言って、誰かが用意したホールケーキ。
「疲れたね~」と言って車で町まで帰ってきてレストランで遅い昼食。もちろんデザートまでしっかりフルコース。

いつも「リエも食べなきゃダメだよ!」と言っておすそ分けしてくれるけど、
とてもとても、ついていけませぬ。
でも、要らないと言ったら反論される。
「だからリエは太らないんだよ。食べなきゃダメ!」

そう言って強引にお菓子をくれるおばちゃんに、まさか、
「おばさま、どうみても山登りで必要なエネルギーの倍以上お召し上がりになってるんですけど・・・。」
とは申し上げられませんでした。R0016534.jpg



page top
山でリフレッシュ
久しぶりの登山。
朝からすっきりと晴れて、絶好の登山日和となる。
R0016367s.jpg


ここのところ運動らしいことをしていなかったら体がついていくかちょっと心配だったけれど、
思いのほか体調がいい。やっぱり休日はどこか出かけて体を開放するべきだなぁと実感。
R0016383s.jpg


というわけで、勢いに乗って来週もどこかへ出かけよう~ということになる。単純。

帰ってきて魚介類のレストランでたらふく食べてビールを飲んで、
今日はもう寝ます。


page top
何もしない一日。
久しぶりに予定の無い一日。
朝は11時までベットでうだうだして、洗濯をして溜まっていた雑誌や本を読む。
明日は何ヶ月かぶりに山登りに行くので、その支度をして、気がついたらもう夜。

今年、2007年は年明けから私にとって変化のある年になるだろうという気がしていたけれど、
良くも悪くも想像通り、日々色々なことが起き、落ち着かない感じ。

明日、晴れるといいなぁ。久しぶりに家から見えるピチンチャ山に登る。
© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。