La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
旅日記6
ブエノスアイレスから戻ってきた。
だいぶ気温が高いので嬉しい。

昨日はブエノスの空港で一夜を明かした。
空港に着いたのが夜10時半。
残っていたアルゼンチンペソを数えたら16ペソあったので
それでサンドイッチとコーヒーを注文する。
sandwich

チェックインの時間まで約6時間、本を読んだり日本へハガキを書いたりしているうちに
やっぱり眠くなってきて、ベンチに横になる。夢うつつの中で自分がどこにいるのかふと我に返ったりする。

ブエノスの空港を出たのが7時。お昼1時過ぎにキトに到着。
やっぱりほっとする。「あ~自分のうちに帰れる~」と思うと歩く速度が速くなる。

やれやれ。ほんとに楽しい旅行だったな~。
行ってよかった。


スポンサーサイト
page top
旅日記5
旅の最終日。
モンテビデオの町を廻り、お土産を買う。
丘に登って町を見渡す。一面の平野で高いビルはあまりない。
周りはとても静かで道行く人々も穏やか。
Montevideo

川沿いの道は少し寂しげな感じがする。
多分それは季節が冬に近づいているからだと思うけど、
でも寒さのせいで人々の顔がこわばっていて、そのことが余計に寂しげな感じを与えるのかも・・・と思ったりもする。

海と見間違うほどのラプラタ川はどこまでも広くって、
夏にはたくさんの人が水浴びするんだそう。
今は魚釣りをする人がまばらにいるのが見えるくらいで閑散としてる。

とにかく静かに何かを考えたいときにはこの場所はすごくいいかも。
もちろん「ここに住むのはちょっと退屈・・・」という友達の気持ちは、大いにうなずけるけれど。

空港までお見送りをしてもらってブエノス行きの飛行機に乗る。
「あ~楽しかった~」って、すごく満足した気持ち。
呼吸がたくさんできる感じ。すごくよく休めた。


page top
旅日記4
朝11時近くまでぐっすり睡眠して爽快に目覚める。
あ~もうこんな時間。でも今日はやることが何もない。幸せ。

友達の旦那さんとおしゃべりをして、川沿いの歩道を散歩して、
スーパーでお惣菜を買ってきてビールもついでに一本買って
寒いので急いで家に戻ってきてそれを食べる。

何もしないという、最高の贅沢が叶う一日。

夜は友達の職場の人達と夕食。
こんなに笑うのは久しぶりっていうくらいたくさん笑った。
お肉もたくさん食べたし、ワインもたくさん飲んだ。
難しいことを考えずに心置きなく笑える人に囲まれて過ごす夕食。幸せ。

帰ってきて友達の旦那さんが湯たんぽをベットに入れてくれたので
足元を温めながらじわじわとやってくる睡魔に身をゆだねる~。
あ~ほんと、幸せだなぁ~。
page top
旅日記3
パラダイス

ブエノスアイレス最後の朝。
屋上の陽があたる場所をみんなで囲んで朝食を食べる。
目の前には秋の木の実が見えて、それはParaisoというんだそう。
Paraisoはパラダイス。目の前にパラダイスが広がっている。。。

船に乗ってラプラタ川を渡る。
ブエノスアイレス対岸の町、コロニアに到着。
世界遺産の町でアルゼンチンからの観光客が多いそう。
Colonia

ここで友達の旦那さんと待ち合わせをして一緒に町歩きをする。
ブエノスよりもだいぶ寒いから、フリースを上まできっちり閉めて少し早歩き。
対岸に来ただけなのに、気温が随分違う気がする。


page top
旅日記2
久しぶりに買い物欲に火がついた。
Palermoという地区はブエノスアイレスのオシャレさんが集う所。
セレクトショップやカフェが並んでいて、そこはまるで代官山。(笑)

キト生活では数えるほどしか洋服を買ってない。
アクセサリーなんかは全然。
今日はその鬱憤を晴らすべく、買った買った。気持ちいい。
嬉しいのは、お値段がお手ごろなこと。
「あら素敵!」と思って手に取った織りのボレロが50ドルくらい。
一品物のアクセサリーも15ドルくらい。
ホンモノの代官山ならそうはいかないもんね。

お買い物ですっかり気分をよくして、夜はタンゴ鑑賞へ。
ディナー付きの公演を観るために9時にタンゴレストランへ向かう。
タンゴ1

生演奏付きのタンゴは息を飲む迫力で、友達と二人で大興奮。
衣装替えが何度もあって飽きないし、間近で見る一糸乱れぬタンゴのステップはとても綺麗。
ダンス、踊れないもんねぇ。
ほんと、感激。
タンゴ2

やりたかったことを全てやり終えた充実感に満ち溢れ、お酒を飲んで少し上機嫌で、
ブエノスアイレスの夜は更けてゆきました。


page top
旅日記1
早朝4時にブエノスアイレスの空港に着く。
眠いのと少し不安なのとでオロオロする。
両替をして、市内行きのバスチケットを買って、
それでもまだまだ時間があるのでカフェで一息つく。

8時に友達とシェラトンホテルで待ち合わせする。
久しぶりに会った友達と早々に仕事のぼやきを少々。
同じ仕事をしている友達にだからこそ、言えることが山のようにある。

友達の留学時代の友達のところへ居候させてもらう。
すごく素敵なおうちでびっくりする。
12歳年上だという彼との2人暮らしに猫一匹。
幸せが溢れるカップルに私も幸せな気分になる。

ブエノスのセントロを少し歩いてタンゴを踊っているグループに会う。
道端で大道芸をやるみたいに、タンゴをやっている。
道端だといっても全然上手。嬉しそうにバチバチ写真を撮る私。
道端タンゴ


夜は居候先のカップルと待ち合わせてお肉を食べに行く。
レストランは満席で、誰も彼もが分厚いお肉にかぶりついている。
うまそ~!!
お肉

ふむ、確かにね、美味しいのよ。
でも、レストラン中に漂うお肉の匂いと見た目のごっつさに圧倒されて、あまり食べられないよぉ。。。
そうなのよ、日本人の好きなお肉はね、薄いのよ。
しゃぶしゃぶとかね、すき焼きとかね。
分厚いお肉をどか~んってのは、結構大変。たくさんは食べられません。
でも、ほんと、美味しかったんだけどね。とほほ。。。


page top
Larissa y Zoe
Larissa y Zoe

スイス人の友達、LarissaとZoeの二人が海水浴に行ってくると言って旅立っていった。
キトへは今週末戻ってくるそうだけれど、私は25日から旅行に出てしまうので、彼女達とは今日が最後。

3週間のエクアドル滞在中にクエンカ、ガラパゴス、ジャングルツアー、海水浴、キト旧市街巡り・・・と
精力的に歩き回っている二人。彼女らの体力と精神力の強さには感服である。

10月に3週間くらい休暇を取ってヨーロッパ旅行をしようと思っているので、
そのときに彼女らと再会することを約束して見送った。


page top
お客様
スイス人の友達2人が遊びに来たので
うちに泊まってもらうことになった。

昨日までガラパゴスに行ってたそうで、
「エクアドルに居るなら絶対ガラパゴス行かなきゃだめだよ~!」
と説得される。

今日は赤道碑までドライブ。
母の日のイベントをやっていて、たくさんの人出。
コンサートをやっていて、みんな踊りまくっているので、我々も参加。
白人と中国人が踊っているのが相当珍しくて、
私たちを囲んで観衆ができる(笑)。
写真を撮る人までいて、思わず笑ってしまう。
もうこんなことには慣れっこだけど・・・。

しばらく彼女らはキトに滞在して
ジャングルツアーやマーケットめぐりをするそうで、
彼女らとの共同生活が続きます。。。
page top
ヒトラー~最後の12日~
久しぶりに重い戦争映画を観た。
ヒトラーが自殺してドイツがロシアに占領されるまでの12日間を描いた映画。

この映画を観て思ったのは、
これが現実に起こったことであると受け止めるのがとても難しいということ。
どうして人はあれほどまで意固地に凶悪になれるのだろう。
どうして逃げ回る人々が残酷に殺されたり、忠誠の名の下に自害したりするのだろう。
戦争を知らずに育った私はとても幸せであると同時に
何か大事なものを知らずに生きてしまっているような気もする。
page top
MINDO
思い立ってドライブに行ってきた。
キトから1時間半のところにあるミンドという町。

こじんまりした緑の多い町で、食堂や宿も充実している。
ここには5つの滝を見に行くツアーがあって観光客もたくさんいる。

思い立ったのが朝10時ごろだったので着いたらお昼。
川魚の昼食を食べて、ひとつでも滝が見られたら・・・と思って山道を散策する。

でも雨が降ってきてしまって残念ながら滝のポイントまではたどり着けなかった。
唯一楽しかったのは滝を見に行くための谷を渡る空中ゴンドラに乗ったこと。
往復で5分少々のゴンドラだったけど、大雨の中50メートルほど下のごうごうと唸る川を見下ろすのは
かなりエキサイティングだった。

雨が降ったお陰で草の緑がとてもきれいだったし、運よくカッパを車に乗せていたから
スニーカーをグチャグチャ言わせながら森の中をずんずん歩いてすごく楽しかった~。
エクアドルのいいところはキトを少し離れただけで、こんなに楽しい休日が過ごせるところだな。
page top
北兵庫コンサート
日本の音楽仲間が北兵庫のお寺でコンサートをするというので
なんだかとても嬉しくなって遠距離電話をしてみた。
こちらに来て以来、数えるほどしか日本に電話をかけていなかったから、
エクアドルの携帯電話から日本の携帯電話に繋がるのかどうかも知らなかった。
かけてみたら繋がった!

友達が出て、ひさしぶりに話した。
なんだか日本の田舎の匂いがこちらにも伝わってくるような気がして
地球の裏側にいるのにすぐご近所にいるような感じだった。
page top
母誕生日
母の誕生日である。62歳になったのだそうである。

実家に電話をすると母が出て、父は庭いじり、妹は今日の夜に帰るとのこと。
さすが、相変わらずなんだかまとまりのない家族ではあるけれど、まぁそんなもんか・・・と思う。

日本はGWでお休みモードなんだな。うらやましい。私は今週もお仕事です。
page top
プール通い
近所の学校の温水プールが一般開放されていることを知り、行ってみた。
3ドルで25メートルプール6コース。
日本のスポーツクラブみたいにウジャウジャ人がいるなんてことはないから、
一人で1コース独り占め。なんと贅沢!

1時間ほど泳いでミストサウナに入る。
体の中の芯まであったまって極楽極楽。

3ドルの贅沢。これはハマりそう~。
page top
Zoologico
行きたい行きたいと思っていながら今まで機会がなくて行けなかった
動物園までドライブした。

キトから40分ほどの所にある動物園には
ガラパゴスガメ、サル、メガネグマ、トラ、ライオン、オウム、コンドル等々、
想像以上にバラエティーに富んだ動物たちがいてなかなか楽しかった。
tortuga y rie

↑これはホンモノではないですけどね。
本当は他の子供たちみたいにこの上に乗って浦島太郎みたいにやりたかったんだけど、
ただでさえ東洋人顔の私はじろじろみられるし、大人なのでやめときました。(笑)

動物も面白かったけれど、やっぱり動物園では子供たちの反応が楽しい。
ただのカメの接近に大泣きしていたり、リャマに餌をあげてキャッキャ喜んでいたり。
あんなふうに私ももっと自由になれたらな~と子供達を見ながら思う私であった。

キトの町を少し離れるだけで全然気分が違う。
車は少ないし、人も少ないし、お陰で車をビュンビュン飛ばしていける。
週末はキトを離れてドライブするに限る!

お腹がすいたので、帰りに特大の炭火焼ステーキを食べて
大満足でキトに戻ってきた。

3連休遊び倒したから、明日からまた頑張って働こ~。


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG