La vida tranquila como una melodia "TARARAN"
page top
久しぶりの一人旅
なんだか久しぶりに一人でどこかへ行ってしまいたい気分になった。
エクアドルの地図を広げてとにかく行ったことない所へ行ってみることにした。

バニョスという町があるらしい。
バニョとは、お風呂のことである。
どうやら風呂がある町らしい。

一泊二日でバニョスへ行ってきた。
キトからバスで4時間。山間の小さな町である。

欧米のバックパッカーが好んで行く町だそうで、ずいぶん観光化されている。
バスターミナルからのそのそ歩いているとアマゾンツアー、滝めぐりを売り出す旅行社やお土産やさんが軒を連ねている。
なんだかキトよりも観光地である。

お腹がすいたので何か食べようと思って見渡すと、
フツーの食堂に加えてイタリア料理、スイス料理、フランス料理などなど
なんだかびっくりするほどいろんなレストランがある。
ひさしぶりにイタリアンかしら・・・と思って、エクアドル人夫妻がやっているイタリアンの店でラザニアを食べる。

お腹が一杯になった所で宿探し。
町中いたるところにバックパッカー用のホステルがある。
おそらくどこも10ドルくらいだろう。

町外れまで来て、一軒よさそうなホステルを見つける。
"Posada del Arte「アートな宿」"という名前。
入ってみると落ち着いた絵画がたくさんあって部屋も洒落ている。
宿から滝が見えて、滝の下は公衆浴場になっている。
一泊17ドルで朝食付き。ここに泊まることにする。

疲れたのでとりあえず昼寝と思ったら不覚にも夕方6時半まで寝てしまう。
友達からの電話で目が覚めたんだけど、電話がなければ夜まで寝てしまってただろう。
まぁ休みに来たんだからそれはそれでいいんだけれど。

さて、風呂にでも行くかーっと、
日本の温泉地気分で、でももちろん水着着用で(笑)お風呂に向かう。
一回1ドル20セント。
泉質もなにやら書いてあるが、あまり気にせずとにかくドボンとお湯に浸かる。
いや~気持ちよい。やっぱり温泉は極楽であ~る。
ban~os

風呂からあがって少し町歩きをしたりなんかして、夕食を宿のレストランで食べる。
ふむ、なんだかとっても美味しい。メインはエビと野菜のソテー。お腹一杯である。

極楽気分でぐっすり眠って翌朝も美味しい朝食を食べて、
大満足でもうやることもなく、キトへ帰ることにする。
また友達と来ようと思う。

帰り際、なんとチカンにあう。
お金の無さそうな、不憫なおっさんが前から歩いてきて、
すれ違いざまに突然私のおっぱいを触った。
何事か分からずに振り向くと、ニヤニヤしたおっさんが私を見ていた・・・。
東洋人の女の子のおっぱいがどんなもんか触ってみたかったのかなぁと妙に真剣に考察したりする。
やれやれ、変なおっさんはどこにでもいるもんですなぁ。

何はともあれ、久しぶりの一人旅だった。
一人で過ごす休日も、本当に久しぶりだった。
もう長い日数をかけて一人旅したいとは思わなくなったけれど、一泊二日なら丁度いい感じ。
プチ一人旅、またやろうと思う。


スポンサーサイト
page top
大阪外大のギャル
ペルーから遊びに来た知人を家に招待した。
女の子二人で来て2日間キトに滞在し、ガラパゴスへ旅立った。

その知人のうちの一人の後輩だという女の子がキトに住んでいて
その子も含めて4人で旧市街まで夕食を食べに行った。
その女の子は大阪外大を休学してスペイン語学校に留学中だという。

ギャルである。

服とカバンはピンク、コートは白。寒いのに、コートを脱ぐとやっぱりピンクのキャミソールである。
髪をシャギーというやつにして、だらしない喋り方をする。

語学学校を休んで50日間南米を旅していたんだそう。
一人で頑張って旅行したんだろう、語る口ぶりはとても自信たっぷりである。

そうか、最近めっきりそういうタイプの人間と接触していなかったので知らなかったけど、
日本の学生ってのはそういう類のものだったか。。。
もちろん、全員がそういうんじゃないとは思うけど。

ノミカイ、イケメン、イッキ、センパイ。。。
使わなくなって久しい言葉を発する彼女に呆然とする私。

私だって若いけど、そうよ、若いけどね、
お酒飲むときにもうイッキとかやってがんばったりしないのよね。
かっこいいセンパイのことを一生懸命語ったりしないのよね。もうね。。。そうなのよ。。。

彼女の自信たっぷりな背中を母親のように見送りながら、
自分だって自信たっぷりだったあの学生時代って何年前だったかしら・・・と指折り数える私でありました。
(まだ片手で足りますのよ。ほほほ。)
page top
水を買う。おつりとガードマン。
時々エクアドル人のやることがわからない。

平日の日中は仕事で居ないので
飲料水を買うときはアパートの警備員にお金を預けて買っておいてもらう。
そうすると帰ってきたときに大きなタンクに入った飲料水を渡してくれる。

今朝お金を2ドル50セント預けておいた。
夕方水を取りに行くと警備員が親切にエレベーターまで運んでくれる。
「いくらだった?」と聞くと、2ドル25セントだったと言う。
「・・・で、おつりは?」と聞くと、「あぁーおつりね・・・」という感じでポケットから25セント出してきた。
「あのー、それじゃ泥棒じゃないの、あんた。」という言葉が出そうになった瞬間、エレベーターの扉がシャーっと閉まった。

さて、ここで考察。
彼の思惑は一体なんだったのか。

1.私が外国人で金持ちそうに見えたから25セントくらい気にしないだろうと思った。
2.25セントは自分へのチップだからもらって当然だと思っていた。

どちらにせよ、日本では有り得ない行為である。

もしチップだと思ったと言うのなら、彼はチップというものの本来の意味をはき違えている。
良いサービスをしたと客が思ったときに渡されるのがチップである。
勝手におつりをもらってしまうのは、泥棒である。
したがって彼は泥棒である。

この話をエクアドル人にしたら、恐らくハハハと笑っておしまいだろう。
「なんで?」と聞いても、納得できる答えは誰も私にくれないだろう。

みみっちい話なのは百も承知だけれど、なんだか腑に落ちない現実である。
page top
桜月夜とたい焼き
私の故郷、龍野の桜の写真が届く。
小さい頃は毎年お花見をしていた、龍野の夜桜。
もう何年見ていないだろう。
sakura

桜の時期になると、お酒をもってシートを広げてお花見をする人達がたくさんいたけれど、
うちの家族はあまりそういうことをしなかった。
多分父がお酒を飲まないせいだろう。
夜になると車で動物園の近くの駐車場に車を停めて桜並木を歩いた。
たくさん屋台が出ていたけれど、買ってもらうのはいつでもたい焼きだったなぁ。
綿菓子とかリンゴ飴とか、そういうのは買ってもらえなかった。
いつでもたい焼き。きっと母がたい焼きを好きだからだろう。
そういうことに関する決定権は、常にうちの家族のなかでは母が握っているのである。

大人になって東京へ出て色んな所でお花見をしたけれど、
今、桜のない国で生活をして思い出すお花見の場所は、
上野公園でも新宿御苑でもなくて龍野の夜桜である。

桜、見たいなぁ。。。


page top
St.Domingo
週末、仕事の同僚に誘われてSanto Domingoという所に遊びに行ってきた。
キトからバスに乗って3時間。どんどん下って2800メートルから600メートルの低地へ~。
St.Domingo

あったか~い!と喜んでいるうちにあつ~い・・・に変更。
低地はこんなに暑かったか・・・とキト生活半年の私はちょっとうんざりする。
長袖しか持ってこなかったのを悔やむ私。

同僚が私を誘ってくれたわけは、
彼の双子の兄弟があるお祝いの会の主催者になっていて、そこに彼もお呼ばれしていたから。
お祝いの会とは、15歳になった女の子をお祝いするQuinceaneraというもの。
日本の成人式の個人バージョンです。
fiesta de quinceanera

夜10時過ぎに同僚と彼の双子の兄弟、その家族と連れ立って会場(女の子)の家に行く。
大きな家ではないけれど、家の前がもうパーティー会場に早変わりしていて、
招待客は100人くらい。
なんだか結婚式の披露宴が始まろうかという雰囲気です。

10時半頃から会は始まって、女の子がカップルに仕立て上げられた彼に付き添われてシズシズと現れ、
司会進行役のおっちゃんが、うんだらくんだらと彼女やら彼女の両親の紹介をし、
子供から大人への旅立ちとかなんとかで、準備してあったブランコに女の子が乗ってユラユラして、
みんなの前でお化粧をしてもらって、新しいヒールの靴を履かせてもらって・・・という興味深い演出が続く。
その後はひたすらダンス・ダンス・ダンス。
夜中1時半ごろまでとにかくガンガン音楽をかけて、ひたすらダンスが続きます。

そしてやっとのことで食事が出てきたのが、夜中2時。
夜中に食べるのです、鶏肉を!
みんな食べるのが目的ですから(笑)、夜中でもムシャムシャ食べます。
それで、最後にケーキを食べてお開き。
時間にして、午前3時半です。。。。

はっきり言って、招待客の半分は眠いって思ってたはずよ。
でも、これが習慣なんだと。夜中ぶっとおしで踊って祝うのが。

なんていうか、時間配分間違ってる気がしますけど、まぁこんなもんだと言われてしまったらそうですかぁと言うしかないわけで、
なんとも眠い眠いパーティーでした。

日曜日はお昼まで熟睡で、
それから同僚の実家へお邪魔してまたお食事をご馳走になり、
さぁ帰るか、というところで豪雨。
バスターミナルはキトへ戻ろうとする人でごった返しているし、
それじゃあここで休んで朝一のバスで帰ろうということになり、就寝。2時に起床。
キトに着いたのは月曜日の朝6時でした。

疲れた~。でも何もかもがめちゃくちゃですごく楽しかった。
日本ではありえない祝いの会。のんびりした人々。全てが勝ってにアドベンチャーに早変わりする休日の旅。(笑)


page top
Viernes Santo
英語で言う「イースター」のお祭り。
日本語だと復活祭というのかしら?

旧市街で行列をやっているというので行ってきました。
procesion1

procesion2

ふむ、確かに行列であ~る。
しかし、キリスト教徒でない私には、いまいちその行列の意味が分かりません。。。
ま、いっか。。。

お祭りといえば、屋台!
comida de la calle

色々食べたかったけど、友達に「ちょっと危ないんじゃない・・・。」とたしなめられてフツーのお店に入ることになりました。
このお祭り時期にだけ食べるスープ、Fanesca。
fanesca

お祭りの週はお肉を食べないことになっていて、お肉の代わりに12種類の豆が入った濃厚なスープです。
うま~~~い。
これだけでお腹いっぱい。この時期にしか食べられないのが残念なくらいです。

夜はちょっとオシャレをして、また再び旧市街へ。
日本人のViolinista率いるグループのコンサートがあったのだけれど、
私はあまり好きではなかった。
全体のバランスがいまいちで、まとまりのない演奏だったので。

ま、そんなことはどうでもよくって、コンサートの前に行ったオシャレなレストランで食べたステーキ&ワインは最高だったし、
一緒に行った女の子2人と場所もわきまえずくだらないお喋りをして大笑いしたし、
そんな風に3連休が始まって、私はとてもとても幸せ。。。


page top
『生協の白石さん』
今週は読書週間。
shiraishi san

この間読んだ『電車男』と同じ、ブログがきっかけで有名になったお話。
パソコンの中でいろんな人が出会って会話が行われて
フツーの人も有名になっちゃう世の中なんですねぇ。

そういえば、私のブログも気がつけば半年を越えました。
カウンターも2000を超え、たくさんの友達や知り合いが見てくれているのかしらねぇ~と
感慨もひとしおであります。

友達から「毎日チェックしてるよ。」と言われたり、
母親から「最近日記が更新されていませんが、どうしているんですか?」とメールが来たり、
ちょっと週末出掛けて2~3日ぶりにブログを開くと100以上カウンターが増えていたりして、
嬉しいというか、ちょっと不思議な感じがしています。

それから、先日高校の同級生、“おいえっち”から何やらブログのお友達追加リクエストなるものが届きました。
どこでどんな風に彼女は私のことを見つけたんでしょう?
そして、そのお友達追加リクエストに答えるべく、載っていたURLをクリックしてみたものの、
はてさて、よく分からん・・・。

おいえっち、もしこのブログを読んでいたら、メッセージを下され・・・。(笑)


page top
Por fin...
お湯、出た。
あ~幸せなお風呂生活復活。

ニューヨークから来た出張者からのお土産。
吉兆庵の和菓子!
kittyo

ひゃっひゃっひゃ、エクアドルで食べる吉兆庵は格別でございます。

ニューヨークっちゅうところは、なんでもあるんですな~。

page top
お湯が出ない・・・。
実はもうかれこれ一週間、温水器が壊れてお湯出ません。
大家さんに頼んで修理に来てもらうも、夜帰ってみるとやっぱり出ない。
大家さんに電話すると、「修理してもらって45ドルも払ったのに・・・」と言ってる。
なんのこっちゃ・・・。

仕方ないので家中でいちばん大きいお鍋でお湯を沸かして
それをお風呂場に運んでちびちび行水しています。
シャンプーは意を決して水シャワーで。キトではかなりつらい。。。

明日にはほんとお願い、直って・・・。
page top
『電車男』
もうだいぶ時代遅れだけど、『電車男』を読みました。
なんていうか、純粋。
こんな世界があったとはねぇ・・・と時代遅れの私は感心するばかりであります。

それにしても、これは本当にあったお話なの?
page top
山頂は遠かった・・・。
行ってきました、コトパクシまで。
コトパクシを見上げる

土曜日朝から向かってその日は4800メートル地点にある山小屋まで。
ピッケルとアイゼンを身につけての歩行練習をして、小屋で食事をして就寝。
氷山歩行練習

夜中12時起床で頂上に向かって出発。

外は星が出て空気が澄んでいる。風は少なく寒さは感じない。
絶好の登山日和?と思ったが、ガイドに言わせると、ここ数日で積もった雪の状態次第で頂上まで進めるかどうか・・・とのこと。

雪上歩行は私にとっては初めての体験で、一歩一歩が緊張だった。
ガイドとロープで繋いでもらっていてもやっぱり怖い。
ゴロゴロと雪の塊が上から落ちてきたり、ピッケルが雪にずぼっと埋まってしまってバランスを崩したり、
そのたびにヒヤッとして体が固まる。
それに加えて高山病の恐怖。

2時間ほど歩行したところでガイドが雪質を見ていった。
「ここ数日、この先で雪崩がおきてる。危険だけど行きたいか?」
5200メートル地点。5897メートルの頂上にはまだまだ遥か遠い場所だった。

危険を伴っての登山は私はイヤだし、この地点まで来れたことで十分満足だったから引き返すことにした。
我々のグループ5人に加えてエクアドル人やオランダ人など他の4グループもそこから先へは進まなかった。
人間は天候に勝てない。

でも今回は高山病の症状は出なかったし、雪上歩行初体験でも体への大きな負担はなかった。
どちらかと言えば物足りない感じ。

また行こうと思う。
何度目の正直になるかは分からないけれど、山は逃げないし、私の体力もまだまだ行けそうだから。

山は楽しい。しんどいけど、楽しい。

page top
登山前日、日本の雑誌が気になる・・・。
いよいよコトパクシに挑戦。
先週のイリニサ登頂で勢いづいているので気合が入る一方で
高山病がやや気になるところ。

準備をしなくちゃいけないのに、日本からの出張者が置いていってくれた日本の雑誌を隅々まで読んでしまう。
HGに彼女がいるんだ~とか、紀子さまオメデタなのね~とか、
こちらにいるとぜ~んぜん知らずに済んでしまうネタを仕入れてちょっと日本の空気に触れた気になる。
最近は日本で何が流行ってるのですか???(笑)

さて、こうしてはおれません。
コトパクシが私を待っています。
今日は早く寝て、張り切って行ってきます!
page top
ワインとチーズと生ハムの夜

友達と仕事帰りに週末のコトパクシ登山準備のため
アウトドア用品店に行って必要なものを調達する。
お店にはコトパクシ登頂記念Tシャツやマグネットを売っていて、
「登頂成功したらまた来て買おう!」と気合いを入れる。

登山前にはお酒厳禁!と言われているものの、
お酒好きの私と友達は「前々日なら・・・」と言い訳しつつスペイン料理のお店に行ってワインを飲むことにした。
美味しい赤ワインに羊のチーズ、そして生ハム。
ひゃっひゃっひゃ。うまい~。

週中なのにワインのフルボトル一本&サングリアのデキャンタを2人で空けて大満足~。
あと1日、仕事をぼちぼちやったら週末。コトパクシ挑戦です!!!
page top
夜の旧市街
エクアドル人の友達が仕事帰りに旧市街に行くから一緒に行かない?と誘ってくれたので連れてってもらった。
これまで旧市街は危ないので夜は行っちゃいけないと聞かされていたから
よっぽど聴きたいコンサートがあるときくらいにしか行ったことがなかったけど、
本当に夜の旧市街はステキで感激。

大統領広場から教会、修道院などをまわってボリバル劇場の前にあるカフェでお茶をした。
建物がライトアップされていたり、観光客用のオシャレなお店があったり。
夜の旧市街

友達によると、最近は警官の数を増やしたり街頭を増やしたりして
治安対策に市が力を入れているそう。

地元のことをよく知っている人とこうして街を散歩するのはとても楽しいし安心していられる。
バスに乗って、エコビアに乗って、街を歩いて。。。
1人でいたり日本人同士でいたりするとジロジロみられたり観光客扱いされたりするけれど
エクアドル人の中に自分が1人いると自分もこの街の1人で居られる気がする。

今週、来週はセマナサンタのために旧市街での教会コンサートがたくさんあるそうで、
それにも是非行きたいな~なんて思っている。

page top
お肌の曲がり角
25歳過ぎたらコラーゲンの生成が止まるんだよ、と言った私の友達は正解です。たぶん。
エルサルの海で灼熱の太陽を浴びたり、キトの赤道直下で日々暮らしていたり、
5000メートル級のお山に登ったりしていたら

お肌がガサガサ・・・。

大変です。これまでそれ程気にしてなかったのに、
今日気が付きました。ガサガサです・・・。

というわけで、スーパーに行って美容液を買いました。
今までは洗顔と化粧水だけの簡単お手入れだったのですが、
それではダメということに気付いてしまいました。

日本人娘のお肌に南米生活は思った以上の負担がかかっているみたいであります。
ぴちぴち肌、復活、するかなぁ・・・。
page top
Iliniza
ついに5000メートルより高い所に立ってしまいました!
イリニサ山の頂上、5120メートル。

登山は学生の頃から好きだったけど、また最近マイブーム。
俗世界からちょっと離れて自分の限界に挑戦するのです。
歩くのしんどいし、暑かったり寒かったり、雨降ったり雪降ったり。
でもその後の登頂の感動は、登った人にしか分かんないんだな~これが。
Iliniza

次週はいよいよ世界最高峰の活火山、コトパクシ山に挑戦です。
私には未知の高さ、5897メートルの山頂を目指します。

心配は高山病。頭痛がしたり吐き気がしたりしたら即下山です。
イリニサの頂上では大丈夫だったけど、時間差で帰ってきてから頭痛がして、
あーこれが高山病かぁ。。。と実感した。コトパクシはさらに高い山なので、もうどうなるか予想不可能。
行ける所まで行ってみます。

すごいのは、ここ最近の歩け歩けトレーニングにより、
こんだけしんどい登山をしても筋肉痛にぜ~んぜんならないこと。
日々の努力は大切です。


© El Diario TARARAN. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG